2018年5月24日木曜日

5月24日



今日は歯医者の日

こちらに来てから
歯医者は良い気分転換になっている

やさしい女性の先生が
丁寧に治療をしてくれて
痛いところがなくなっていく

今日はやむなく奥歯の神経を
抜くことになってしまったけど
半年くらい苦しんでいた痛みから
嘘のように解放された


神経を抜かないでいいように
いろんなことを試してくれて
あらゆる手を尽くしても
痛みはなくならなかったので
最後の手段で抜いてくれた

そこまで行ったらもう
執着しないで手放しちゃったらいいんだ

人生には限りがあるんだから
また手放した後にも
いろんな選択肢があるんだし
我慢して苦しみ続けなくたっていい

大事にしてたものが
本当は自分にとって
必要のないものだってこともある

いろいろやってみてダメだったら
諦めちゃったって良いこともあるさ

歯医者はとても良い気分転換になる


それにしても最近父は
私が出かけるのを嫌がらないな

喉に詰まってたかたまりと一緒に
不安も飲み込んじゃったのだろうか


2018年5月23日水曜日

5月23日



昨日穏やかな日中を過ごした父は
1日を終えぬままに
夜通し見えない誰かとおしゃべりし続け
朝になっても昼になっても眠れずに
今も家の中でウロウロし続けている

寝たいのにもう
どこにいても邪魔者がやってきて
寝かせてもらえない

そうやっている姿を見ているのは
とても切なくなる

穏やかな日に幸せを感じられるのは
穏やかでない日があるからなんだな
と思った


足が動かなくなってきてるのに
何度も階段を上ったり下りたり
落っこちないか心配なのと
良い筋トレになってるな  と
ふたつの思いが混在する

勇気を出して買ったカメラが届いたのに
気になって集中できないな


2018年5月22日火曜日

5月22日



昨日の介護認定の方が
父は何か習慣にすることがあった方が良い
と言っていた

今日は元気に起きてきた父

元気な日は前向きなので自分から
ごはんの後に本を読む  とか
ごはんの後に散歩する  とか
決めた方が良いな
と言い出した

それって習慣のことだよね!ってことで
何かひとつ
寝ててもできることを
自分で考えてもらった


すると
どんな日でも  1日ひとつ
「良かったこと」を書く
と言ったので
それは良いね!ってことで
父の部屋のカレンダーに
これから毎日書こうということになった

寝込んでいる日は
ガラッと性格が変わってしまうので
どんな風に続けられるかわからないけど
辛い日も  その1日の中で
良かったことがなんだったかを考えるのは
こころに良い作用がありそうな習慣だと思う


因みに今日の良かったことは
ごはんがおいしかったこと  だそう

3日寝込んで全然食べれなかった分
今日は3食しっかり食べた

それも  いつも悩まされている喉の詰まりも
「のどに詰まってた塊がちょん切れてなくなった」
と言って  今日は何でも食べれた

玄米さんが送ってくれた空豆が
おいしいと言ってたくさん食べた

私にとっても
今日の良かった&おいしかったことだった